新編スタート:20日で仕上げる!

[193] 大宝律令、養老律令の完成に尽力したのは誰?

正解は、「藤原不比等」。

 
大宝律令のところ[146]でも出てきたな。

刑部親王はもう死んじゃっているのか?

 
刑部親王は705年に亡くなっている。

もっとも、藤原不比等も720年に亡くなっているので、718年に養老律令が完成してすぐ。

 
あれ?718年だっけ?

なんか違う年で覚えていたような・・・

 
それは、施行年でしょ。

施行年は757年、藤原仲麻呂が孝謙天皇とまだ仲良かった時代だね。

 
なんで、40年近くも空いたんだ?
 
うーん。そうだよね。

しかも内容もあんまり変わっていないって言うし。

なんだろう。

 
それなら大宝律令だけ覚えて、「あとからちょっと変更した。養老律令と言う名前など覚えなくて良い。わざわざ藤原不比等も覚えなくても良い。」としてくれれば良いのに。
 
それは同感。

ただ、結局大宝律令は現存していないので、令義解とか令集解を説明するのに、養老律令が必要だったんじゃないかな?

あとは、藤原不比等を覚えさせることで、その後の四兄弟および聖武天皇、長屋王の変、あるいは、その父の藤原鎌足および大化改新の正当性を示しているとかと勘繰ったり。

 
どうも藤原家、ってそういう陰謀的なものが付きまとうんだけど、どうなんだろうね。
 
うん。

ただ、不比等に関して言うと、すごく真面目に頑張ったんじゃないか、って思うよ。

父の鎌足が死んじゃったのが11歳の時。鎌足は功労者に違いないけど、そこからどう足元をすくわれるかわからない状況で。

 
天智天皇の落胤説もあるね。
 
ホント?

それだと、出世の原因もそれに求められるかも知れないけど・・・

うーん。それこそDNA鑑定できればしてもらいたいね。

 
あと、藤原不比等で覚えるのは何?
 
子供たちだね。

藤原四兄弟と、宮子と光明子。

四兄弟のうち、四男の藤原麻呂は母親も違うし、長屋王のご近所さんとして出てくるけど、覚えなくても良い。

残りの三兄弟と、宮子、光明子は全員母親が違うので、そのことも頭に入れておこう。

↓表↓

 藤原武智麻呂
藤原房前
藤原宇合
藤原宮子藤原光明子
母親蘇我連子娘賀茂小黒麻呂娘県犬養(橘)三千代
出生年武智麻呂 680
房前 681
宇合 694
683701
死亡年全員737年754760
備考【武智麻呂】
南家の祖。息子に藤原仲麻呂。

【房前】
北家の祖。子孫に藤原道長。

【宇合】
式家の祖。息子に藤原広嗣。孫に藤原薬子。
文武天皇に嫁ぐ。

聖武天皇を産むも、心身症(?)となり聖武天皇と対面したのは聖武天皇37歳の時。

この時、治療にあたったのが玄昉。
聖武天皇に嫁ぎ、皇族以外でありながらも立后。

称徳天皇を産む。

基皇子は早世。長屋王の変の遠因?

藤原仲麻呂は甥であり、娘との仲を取り持つ。

夫の遺品を東大寺に寄進、正倉院建立につながる。仏教に篤く帰依。
【まとめ】

 

藤原不比等(659-720)

★藤原鎌足の息子(ただし11歳で父が死亡。その後は自分の才覚で出世?)

★701年、大宝律令。718年、養老律令。制定に尽力。

★藤原四兄弟、藤原宮子(文武天皇に嫁ぎ聖武天皇を産む)、藤原光明子(聖武天皇に嫁ぎ称徳天皇を産む)らを子に持つ。

マルムギさんによるイラストACからのイラスト を 使用