新編スタート:20日で仕上げる!
  • 2020年4月6日
  • 2020年7月8日

【1-4】 1828年、「シーボルト事件」と日蘭交流。

1828年、オランダ商館医であるシーボルトが帰国の際に、本来「持出禁止」である日本地図を持っていたという事件がありました。 これにより既に日本で名医としての名声を得ていたシーボルトは再入国禁止処分、 地図を渡した幕府天文方の高橋景保(高橋至時の息子、伊能忠敬に […]

  • 2020年4月2日
  • 2020年6月10日

【1-3】 1806年、「フヴォストフ事件」と帝政ロシア。

さて、当時、イギリスに次ぐ世界2位の強国といえばロシアでした。 「攘夷」の「夷」も、元々、ロシアを想定しておりました。 徳川吉宗の時代(1739年)にはロシア船が日本まで来ていますからね。 主に4章からがロシア船について。 1771年にはベニョフスキーというロ […]

  • 2020年3月29日
  • 2020年6月10日

【1-1】まず、幕末・明治維新から始めてみたら?

さあ、日本史の勉強でもしよう。 と思って、「1分間日本史1200」の最初の問題を見てみると、 [1] 旧石器時代を地質年代を表すと? えーっ!! 俺は坂本龍馬とか、高杉晋作とか、土方歳三を勉強したかったのにーっ!! と思うでしょう。 さらに、次の問題を見てみる […]

  • 2020年3月16日
  • 2020年7月8日

[216] 墾田永年私財法を契機に成立した荘園を何というか?

正解は、「初期荘園」。   [214]で答え言っちゃった。   荘園、難しいよね。本によって書いてあることがいろいろだし、細かいことをあげるとキリがない。 この問題文だって、墾田永年私財法から初期荘園、という図式はわかりやすいんだけど、それ以前に貴族 […]

  • 2020年2月28日
  • 2020年7月8日

[199] 橘諸兄政権で重用されたのは誰?

正解は、「吉備真備」、「玄昉」。   もしかすると、この中に阿倍仲麻呂も入っていたかも知れない。   あれ、歴史に if は ないんじゃなかったっけ? 吉備真備、玄昉は717年、遣唐使として唐に派遣。 同じ船には阿倍仲麻呂もいた(ただし、帰 […]